週末に開くお店のようなもの

コーヒーやJAZZなど、日常で気になったことを記事にしていきます。


【猿田彦珈琲】表参道で出会った豆 - KENYA "Kirimara"

今回は猿田彦珈琲・表参道店で購入した三つのコーヒーの一つ、KENYA "Kirimara" についての記事になります。

 

 

KENYAってどんなところ?

北にエチオピア、北西に南スーダン、西にウガンダ、南にタンザニア、東にソマリアと国境を接しています。

 

また、ケニアの豆はタンザニアの豆とともにヨーロッパ諸国で人気があります。

 

ケニアの豆の特徴は肉厚なボディで、酸味と苦味のバランスがよいとされています。

 

豆をあける

こちらがパッケージとなります。

f:id:null10blg:20180811021428j:image

 

風味

  • CASSIS
  • DARK CHOCOLATE
  • ROUND TEXTURE
  • BODIED

 

前回のAgro Takesi Typicaと比べてシンプルな感じになってますね。 

www.siumatsu.net

 

Kirimaraは深煎りということもあって、豆は黒く、ツヤがありますね。

f:id:null10blg:20180811021549j:image

 

コーヒーもかなり色の濃い黒になっています。

f:id:null10blg:20180811021602j:image

 

感想

飲んだとき、まず想像したのは溶かしたビターチョコレートでした。

 

なめらかな口当たりとともチョコレートのような甘さと苦味を感じるんですね。

 

飲み終わって少しすると、カシスのような風味が少し広がります。

 

BODIEDと書かれていたとおり、かなり肉厚な風味がしますね。

 

それでいて、ほどよい酸味が飽きさせないという感じです。

 

前回の"Agro Takesi Typica"とタイプが違う面白い豆だと思いました。

 

この豆を買うときに、店員さんも浅煎りの"Typica"と深煎りの"Kirimara"では全然キャラクターの違う感じで、非常に面白いと思いますとの話があったので、まさにその通りになりました。

 

味をチョコレートで表現するなら、明治のチョコレート効果 72%って感じですね。

 

次回は、PERU "El Palto"の記事になる予定です。

 

明治 チョコレート効果カカオ72%BOX 75g×5個

明治 チョコレート効果カカオ72%BOX 75g×5個

 

 

 

 

【猿田彦珈琲】表参道で出会った豆 - BOLIVIA "Agro Takesi Typica"

前回の記事では、猿田彦珈琲で三種類の豆を買ってきましたが、今回はBOLIVIA "Agro Takesi Typica"の記事になります。 

 

 

BOLIVIAってどんなところ?

ボリビア多民族国、通称ボリビアは、 南アメリカの共和制国家で、北と東をブラジル、南をアルゼンチン、南東をパラグアイ、南西をチリ、北西をペルーに囲まれた内陸国です。

 

ボリビアは標高が高いことで知られており、特にラパスは人が生活する町としては世界で最も高いところにあります。

 

今回の豆、"Agro Takesi Typica"はラパスで作られた豆であり、アグロ・タケシ農園は標高1,900~2,500mと世界最高峰の標高で栽培されたものなのです。

 

また、「ティピカ」という品種はエチオピア原産の「アラビカ種」の中で最も古い品種で、特徴は甘みときれいな酸味とされています。ティピカ自体もそこまで多くの豆が収穫できないものとなっています。

 

加えて、標高が高いことから、霜がつきやすく豆が傷みやすいということもあり、希少価値の高い品種だということになります。

 

店員さんに試飲をすすめられたときにいろいろとお話を伺いましたが、その知識の深さにただただ圧倒されました。

 

猿田彦珈琲、ホントにすごいです。

 

豆をあける

こちらが豆の袋になります。

f:id:siumatsu:20181006001419j:plain

 

袋には風味について書いてあります。

  • ORANGE
  • PEACH
  • CARAMEL

また、それらがどんな感じのものかの説明もあります。

  • CLEAN&STRUCTUAL ACIDITY
  • SILKY MOUTHFEEL
  • LONG SWEET FINISH

 

で、さっそく豆をひきます。豆の色は茶色で華やかな香りがしますね。浅煎りということでツヤはありません。

f:id:siumatsu:20181006001431j:plain

 

ドリップすると透明感のある茶色になります。浅煎りなので黒くはないですね。

f:id:siumatsu:20181006001444j:plain

 

感想

まず、飲んだときに香ばしい感じがするんですね。その後に、オレンジやピーチの香りが鼻の奥で広がって、後味にキャラメルがくるんです。

 

店員さんが言うには、コーヒーらしさがあまりないので、ミルクを入れるとコーヒー苦手な人でもいけますということでしたが、まさにそんな感じです。

 

袋に書いてあったことについて私なりの解釈をしてみましたが、

  • CLEAN&STRUCTUAL ACIDITY⇒すっきりとした雑味のない酸味
  • SILKY MOUTHFEEL⇒なめらかな口当たり
  • LONG SWEET FINISH⇒気持ちのよい甘さの余韻がある

こんな感じの印象を受けました。

 

次に、EBISU BLENDとどう違うんだ?ということになりますが、こちらはキャラメルの香りがEBISU BLENDより強くて、華が香るという感じがしますね。

 

EBISU BLENDのほうが酸味がつよくて、こちらはマイルドといった感じもします。

 

しかも、このコーヒーはアイスコーヒーにしてミルクを入れてカフェラテ(カフェオレ?)にするととってもおいしいんです。

 

それで、肝心のお値段ですが、なんと100gで1,400円なんですね。

 

飲んでみるとその値段にうなずけるという感じがします。

 

それと、飲んでいてしあわせになるコーヒーですね。誰かと一緒に飲んだらなおさらそうかもしれません。思わず笑顔といったところ。

 

猿田彦珈琲、ますます好きになってしまいました…

【HTTPS】最近、コレが密かに気になっています。

最近、はてなブログを見ているときに気になっていることがあるのです。

 

コレです。

f:id:siumatsu:20181005233833p:plain

 

 

もしかしてHTTPS配信無効になっていませんか?

これ、Google ChromeのURLバーのところに表示されるものなのですが、これが表示されるときは、はてなブログのHTTPS配信が無効になっているときなんですね。

 

原因はブログデザインを設定するHTMLにあるんです。

 

例えば、jQueryなんかを読み込んでいるときに、読み込み時のURLがhttpから始まっていると、はてなブログはHTTPSでの配信なので、httpとhttpsが混在するという状況になるのです。

 

jQueyを利用している方、一度確認されてみてはいかがでしょうか。

 

解決方法

以下の手法が考えられます。

 

  • URL先頭のhttpをhttpsとする。
  • httpを省略する。

 

HTMLの該当箇所をどちらかの方法で編集すればHTTPS配信が有効になると思われます。

 

おわりに

こういったサイトを見ていると、なんとなく言ったほうがいいのかどうなのかと思ったり思わなかったりで、とりあえず雑記として残しておくかということになりました。

 

なんかどこかで同じような記事を書いた気もするのですが、とりあえずここでも。。。

 

 

 

 

 

 

夜に聴きたくなるJAZZ-Bill Evans #1

最近、夜眠る前にリラックスができるということでJAZZを聴くのがマイブームになっています。

 

お気に入りのアルバムがいくつかあるのですが、今回はその中の一つを紹介したいと思います。

 

夜に何かおしゃれな音楽を聴きたいと思ったとき、このアルバムはいかがでしょうか。

 

Bill Evans Consecration I

Consecration I

Consecration I

 

 

Bill Evansはジャズピアノを語るうえで絶対に欠かすことのできない人物だと思います。

 

ジャズといえば、そのジャズぽさがそもそも苦手という方もいらっしゃるかと思いますが、苦手!!!という前にビル・エヴァンスの演奏を一度でいいので聴いてみてください。

 

Bill Evansの音楽はクラシックに影響を受けたもので、そのテクニックはもちろんのこと、音楽の世界観がすばらしいのです。

 

Bill Evansはその生涯に渡って数々のアルバムをのこしてきました。

 

例えば、Bill Evans/Scott LaFaro/Paul Motianが組んだトリオ、Bill Evans Trioのアルバム「Portrait In Jazz」,「Explorations」,「Waltz For Debby 」,「Sunday At The Village Vanguard」はリバーサイド四部作と呼ばれています。

 

中でも、「Waltz For Debby」は曲名を知らなくても、どこかで聴いたことある曲という印象を受けると思います。

 

で、今回紹介するConsecration Iですが、なんとこのアルバムはBill Evansが病に冒され命を落とす寸前の演奏を収録したものなんですね。

 

このアルバムが収録される頃にはBill Evansの命はすでに風前の灯火ともいえる状況だったわけなのですが、そんなことを感じさせないエネルギッシュでパワフルな演奏を聴くことができます。

 

Bill Evansが初めての方にはまずはリバーサイド四部作からという意見もあるでしょうが、むしろこのConsecrationから聞いてもらいたいんです。

 

このアルバムはいわば、Bill Evansが命を燃やして演奏したBill Evansの集大成ともいえるアルバムなのです。

 

1曲目のYou and the Night and the Musicから始まり、8曲目のSomeday My Prince Will Comeで終わる全8曲49分のアルバムですが、全部の曲にBill Evansの魂がこもっており、思わず息を飲むテクニカルな演奏とその世界観に浸ることができます。

 

このアルバムの中で特に好きなのは3曲目の「The Two Lonley People」を聴いた後からの4曲目の「I Do It for Your love」ですね。

 

夜に明かりを暗くした部屋で聴くと、体にBill Evansのピアノがしみこんでくるような、そういった印象を受けます。

 

音楽に浸るっていいですね。

 

今回紹介したConsecration IはAmazon MusicにあるのでPrime会員のかたは是非聴いてみて下さい。

 

全力でオススメできます。

表参道をゆく

渋谷から半蔵門線で一駅。降り立ったのは表参道でした。

 

渋谷から表参道までは、夏じゃなければ歩けるという距離です。

 

今回の目的は?と聞かれたら、なんとなく表参道を歩いてみたかったといった具合に、その他の答えを持ち合わせてなかったんですね。

 

そんなわけで、暑いのですが、表参道の散策を開始したわけです。

 

 

表参道には魅力的なお店がいっぱい

表参道の小道に入ると色々なお店がありましたが、特に気になったのはこちらのお店。クレヨンハウスです。

f:id:siumatsu:20181004015350j:plain

 

店舗はB1−3Fまであり、お店全体で人にとってやさしいものを扱っているという印象を受けました。有機野菜を取り扱っている『野菜市場』や、オーガニック・レストラン『広場』など、体にやさしいものに触れることができます。

http://www.crayonhouse.co.jp/shop/pages/shop.aspx

絵本・木のおもちゃ・オーガニックコスメ・雑貨が勢揃いです。

 

クレヨンハウスに立ち寄ったあと、また元の通りに戻ると、Apple Storeが見えたのです。

 

あの奥の通り行ったことないよなということで、暑いのですが、行ってみることにしました。

 

今日はなぜ表参道だったのだろうと、歩きながら考えてみても答えも浮かばず、ん〜〜となっていたところ、その答えはすぐさま見つかりました。

 

猿田彦珈琲 表参道店

f:id:siumatsu:20181004015403j:plain

 

H.I.S.旅と本と珈琲と Omotesando(表参道)

https://www.his-j.com/branch/omotesando/floor.html

 

猿田彦珈琲といえば、以前の記事で何度か登場したことのあるお店ですが、まさかこんなところで出会えるとは。

 

今まで恵比寿ブレンドしか飲んだことがなかったため、これは行くしかないとそう思ったわけですね。

 

紆余曲折あったのですが、それはそれぞれのコーヒー豆ごとにお話したいと思います。

 

買ってきた豆の紹介

f:id:siumatsu:20181004015414j:plain

 

左から、

PERU "El Palto"

BOLIVIA "Agro Takesi Typica"

KENYA "Kirimara"

f:id:siumatsu:20181004015424j:plain

 

"Agro Takesi Typica"に関しては、100gで1,400円ということ今まで買った中で最高級の豆ということになります。

 

 

なぜそんなに値段が高いのかというと、この豆は標高が高い場所で栽培されており、また霜がつきやすいため豆そのものの収穫量が少なくなってしまうんですね。

 

そんなわけで豆の希少価値が高く、値段が高くなってしまうってわけです。

 

表参道店はいいお店だなって

店員さんが親切丁寧にそれぞれの豆の説明をしてくれたというのと、それに加えて試飲までさせていただいてすっかり表参道店のとりこになってしまいました。

 

袋越しにすごくいい香りがしてくるのでとても楽しみです。

 

今回はこの辺りで。 

 

次回は"Agro Takesi Typica"についての記事になる予定です。

 

【電動ミル】おいしいコーヒーが飲みたいならコレ

コーヒー歴半年。

段々と味がわかってきたかなーといったところです🙆‍♀️

 

豆を挽くのがもっと簡単にならないのかなと思い始めたんですね。

 

そんな折、Amazonで色々と探しているとよさそうな電動見るを発見して購入したのでその紹介となります。

 

 

電動ミルデビューするしかないのでわ!?

今まで使っていたのはこちらのKalitaのミルです。

f:id:siumatsu:20181003005243j:plain

 

最近、挽いた粉末がかなり粗くなってきたので寿命なのかなーと思っていたのです。

 

手で挽くとそもそもコーヒーを飲もうと思ってから実際に飲めるまで時間がかかるんですね。

 

そろそろ電動ミルにしたらいいのではないかということで買いました。

 

コーヒーミル 電動コーヒーミル コーヒーグラインダー 革新的な技術ワンタッチで自動挽き 電動コーヒーグラインダー 杯数目盛ダイヤルと粗さ調節ダイヤル付き コーヒーミル コンパクト

 

家庭主婦/商人士に大人気

白いパッケージのラベルには日本語なのかそうじゃないのか判断に困る言葉が書いてあります。

f:id:siumatsu:20181003005359j:plain

 

パッケージ開封。すでに箱の下部がしわしわになっています。

Amazonの箱はへこんでいなかったので、配送中のアクシデントではなさそうですな。

f:id:siumatsu:20181003005412j:plain

 

箱から出して使える状態にしてみました。

f:id:siumatsu:20181003005427j:plain

 

てことで、さっそく豆を挽いてみます。

f:id:siumatsu:20181003005511j:plain

 

蓋を閉めて準備完了。カチッとするまで蓋を回さないとスイッチオンにならないような安全設計になっています。

f:id:siumatsu:20181003005526j:plain

 

コーヒー豆20gを入れたのでCUPSは2にします。最大12杯分まで一度に挽けるようです。

f:id:siumatsu:20181003005548j:plain

 

で、FINEにダイヤルを合わせました。これで極細挽きといった感じになります。お好みに合わせてダイヤルを回すのがよいでしょう。

f:id:siumatsu:20181003005600j:plain

 

説明書を改めて確認してみます。

f:id:siumatsu:20181003005706j:plain

 

コーヒー豆だ以外には使わないです。

落花生だとか煮干しをこれ使って粉末状にするというアイデアはなかったのですが、なるほどって感じですね。

f:id:siumatsu:20181003005725j:plain

 

STARTボタンをぽちっと押すとあとは自動でやってくれます。(長押し不要)

時間にして十数秒で挽き終わります。音はまぁまぁ大きいといった印象です。

f:id:siumatsu:20181003005748j:plain

 

この製品のいいところは、こうやってボウルと本体が分離することだと思います。これによって、豆を挽き終わった後にドリッパーに粉末を移すことができますし、その後ボウル部分を洗うことができますね。

f:id:siumatsu:20181003005819j:plain

 

ちょっと残ってるなー

f:id:siumatsu:20181003005853j:plain



でも大丈夫です。ブラシももちろんついています。

f:id:siumatsu:20181003005906j:plain

 

ほいよ、アチアチSARUTAHIKO EBISU BLENDね

f:id:siumatsu:20181003005216j:plain

 

感想

これ、すごくいいですね。

ハンドミルにはハンドミルよさがありますが、電動ミルには電動ミルのよさがありますね。

 

なんといっても、豆を挽く手間が省けるようになったので手軽にコーヒーを飲むことができるようになりました。

 

飲みたいときにぽちっとするだけでできちゃうのすごい。

 

あと、この電動ミルにしてからコーヒーの雑味がすっかりなくなりました。

 

こんなに味が変わるのかってくらいにです。

 

電動ミルをお探しの方、おいしいコーヒーが飲みたい方におすすめです。 

【猿田彦珈琲】スタンバイトーキョーでコーヒー豆買った

コーヒーが飲みたい

電車から降りてふとそう思ったのです。家に帰って一息をと。

 

場所は東京駅構内。

 

コーヒー豆買うか~~という意気込みとともに電車を降りて目に飛び込んできたのがこのお店。

 

そう、スタンバイ トーキョーですね。

 

「旅をちょっと贅沢にサポート」 STANDBY TOKYO(スタンバイ トーキョー)では、旅をテーマにこだわりの雑貨やファッションなどを取り揃えています。

twitter.com

 

 

スタンバイトーキョーについて 

そういえば何度も見かけていたものの、一度も入ったことなかったんだよなってことで入店!

f:id:siumatsu:20181003020656j:plain

 

お店の中はまさにカフェと雑貨店が融合したようなお店となっていました。

入口入ってすぐ左手にコーヒー豆が売っていたのでどれにするかちょっと悩んだ末に購入。

f:id:siumatsu:20181003020714j:plain
 

今回買ってきたのはSARUTAHIKO COFFEE EBISU BLENDというもの。

f:id:siumatsu:20181003020930j:plain

 

  • ローストナッツ
  • チェリー
  • キャラメル
  • SILKY MOUTHFEEL(滑らかな口当たり)

f:id:siumatsu:20181003020949j:plain

 

裏側。250gで1,695円でした。

f:id:siumatsu:20181003021045j:plain

 

説明書きもついてました。

f:id:siumatsu:20181003021104j:plain

 

で、豆の写真。つやのある茶色ですね。

f:id:siumatsu:20181003021121j:plain

 

ミルに投入!

f:id:siumatsu:20181003021137j:plain

 

挽けました。ハンドミルで20gを10分ほど。電動ミル欲しいんだよな...

f:id:siumatsu:20181003021154j:plain

 

説明書きにあるように抽出してみました。

f:id:siumatsu:20181003021223j:plain

 

感想

一口飲んだ時にコーヒーの苦さや渋さ、酸っぱさといったものが感じられずに、???ってなったところ、口の奥のほうで果物系の香りがふわっと広がってきました。

 

普段は苦めのコーヒーを好き好んで飲んでいるのですが、これはとても面白いコーヒーだと思います。

 

コーヒーが得意でない人に勧めるとしたらこのコーヒーはぴったりでしょう。

コーヒーの香ばしさとともに鼻の奥で紅茶のような華やかな香りがします。

 

ちなみに...

この記事をかいてから何度かこのコーヒーを淹れているのですが、一番最初に飲んだ時の味が全然再現できない!!!となっています。

 

お湯の温度や豆の分量、抽出の速さでホントに味わいが変わるんだなぁって思いました。

はじめましてと所信表明

このブログは学生の私が日頃気になったことを書き留めて、あわよくばこのブログを見てくださった方と共有できればという思いで始めるものです。

 

ブログタイトルについて少し触れると、毎日あるいは平日でも投稿できるかと言われればYesと答えらる私ですが、某週刊少年雑誌と同じように、平日でも休日のような気分を味わうことができるようなブログをこれから運営していくことができればなという思いから名付けました。

 

つまり、ゆる〜い形の記事をあげていきますよという思いが込められているということです。

 

思わずほっこりしたり、緊張がするっとほどけるような、そんな雰囲気のブログにしていけたらと思います。

 

ただし、ゆるくて締まりのないようではブログとしての体裁をなすことができなくなってしまうので、そこのバランスはしっかりとしていくつもりです。

 

専門は情報系ですので、プログラミング系あるいはガジェット系の記事を書ければなぁと思ったりもしますが、あえてファッションだったり音楽だったりといったジャンルを果敢に攻めていければと思います。

 

これはどうしてかと言いますと、未体験の領域、つまり普段あまり触れることのないジャンルというのはそもそもインプットそのものが不十分な分野とも言えるわけですね。

 

つまり、新しく何かを始めるにはうってつけの領域というわけです。

 

アウトプットするためには十分なインプットが必要となるわけですので、記事にするためにはしっかりと普段触れることのない領域に、まずは片足を少し、慣れてきたら腰までどっぷりと浸かるようにしていく必要があるわけです。

 

しかしながら、慣れないことを始めるためには大きな原動力が必要なわけなんです。

 

そこで重要となるのがそれを支えるモチベーションになります。

 

そのモチベーションを支える一つとしてブログを選んだわけなのです。

 

長々となりましたが、言いたいことは一つ。

 

f:id:siumatsu:20181003015339p:plain

 

これからよろしくお願いします。